冴えないクロスバイクの育てかた

クロスバイク好きによるクロスバイク好きのためのクロスバイクブログ

ハンドルバーの長さの話②ハンドルバーの長さで激変する疲労

 にほんブログ村 自転車ブログへ 

前回は新車購入時に役立つハンドルバーの長さの話をしました。

今回は購入後走るときに役立つ話をしていきたいと思います。

長距離ライドで活きてくるハンドルバーカット

クロスバイクのを買って長距離をサイクリングしようっと思い走った結果、手首が痛い…という経験はありませんでしょうか。

他にも肩が痛い…腰が痛い…いろいろあると思います。

その中での手首の痛み。

5割くらいはハンドルバーの長さが原因で痛みがでます!

もう5割はグリップが原因。

その中でなぜハンドルバーの長さで手首が痛くなるのかというと、長距離乗ってるときに自分の肩幅にあったハンドルバーの長さでないと手首に無理な力がかかります。特にここ。

f:id:Hyper_Verza540:20210409104552j:plain

長すぎるハンドルバーは手首の内側が縮むようになり、そこからさらに走行中のハンドルに伝わる振動で一気に負担が増えるわけです。

同様に手首の外側は伸びた状態で乗ることによって負担が増えます。

では自分の肩幅に合ったハンドルに買い替えるか。

いえ、ハンドルを切っちゃえばいいです。

パイプカッターでハンドルをぶった切ろう

僕のハンドルは520mmにカットしています。

f:id:Hyper_Verza540:20210409121306j:plain

前に使ってたアルミハンドル

ハンドルバーのカットに使うのは基本的にパイプカッターです。

僕はこれを使っています。

f:id:Hyper_Verza540:20210409110025j:plain

パイプカッターは、対応するパイプの太さの範囲であれば大抵切れます。しかもすっごく簡単。

これがあれば、ハンドルバーのみならず、フォークのコラム、シートポストなど切れちゃいます。

自転車を改造するうえで一つ持っておくと、のちのち役に立ちます。

ただ、安いパイプカッターは太さの上限が22mmや25mmのものがありますが、コラムカットなどしたいときの将来性を考えると30mm以上が上限のものを買うべきだと思います。

あと、パイプカッターの替え刃が流通しているパイプカッターをなるべく買った方がいいです。

 

このSK-11のパイプカッターは4~32mmのパイプ径が切断できるうえに、替え刃の流通量も多いですね。

ちなみに「ステンレス用」など書かれているものもありますが、ステンレスが切れるならアルミでもクロモリでもスチールでも切れます。

では今度はどうやってハンドルを切るのかを説明します。

f:id:Hyper_Verza540:20210409113505j:plainf:id:Hyper_Verza540:20210409114013j:plain


まずは切りたいハンドルをセットします。

そこからパイプカッターでハンドルを一周させるとハンドルに筋が入ります。

f:id:Hyper_Verza540:20210409113449j:plain

筋が入ったらパイプカッターの調節ねじを締めこんで、またハンドルをもう一周。

これの繰り返しです。超簡単。

最後に

ハンドルバーカットの効果とやり方、分かりましたでしょうか。

ハンドルバーカットせずに乗っていた友人が過去に手首の痛みに悩んでいました。

しかし、ハンドルバーカットをしてから痛みが引いたと言っています。

手首の痛みには効果てきめんです。

是非試してください。

このブログはamazonアソシエイトに参加しています。

ハンドルバーの長さの話①ハンドルバーの長さからクロスバイクの方向性を知ろう編

 にほんブログ村 自転車ブログへ 

ハンドルバーの長さって意識したことありますか?

よく各メーカーのホームページのクロスバイクの詳細スペック欄を見てみると、ハンドルの欄に「550mm」などとかいてあります。

これがハンドルバーの長さです。

では今回は「ハンドルバーの長さの話①ハンドルバーの長さからクロスバイクの方向性を知ろう編」を話していきます。

ハンドルバーの長さでクロスバイクの方向性が分かる!?

ハンドルバーでホントにクロスバイクの方向性が分かるの?

これが実は大方分かります。完全に言い切ることはできないけどもっ…

ロードバイク寄りのクロスバイクは短め、MTB寄りのクロスバイクは長めの設計です。

たとえばGIANTのESCAPE RX3 SサイズとGRAVIER Sサイズで比べてみましょう。

f:id:Hyper_Verza540:20210403024738j:plainf:id:Hyper_Verza540:20210403024822j:plain

https://www.giant.co.jp/giant21/bike_datail.php?p_id=00000036

https://www.giant.co.jp/giant21/bike_datail.php?p_id=00000036

この二種はタイヤやフレームなどを見れば、どういう方向性のクロスバイクなのかは簡単に分かってしまいますが、今回はあえてハンドルバーを見てみます。

ESCAPE RX3 Sサイズ 540mm

GRAVIER Sサイズ 580mm

ロードバイク寄りのESCAPE RXの方が短く、MTB寄りのGRAVIERの方が長いです。

別にハンドルバーにこだわらなくてもよくないか?と思いますよね。

ここでハンドルバー比較で役に立つのが、クロスバイクを一種類、もしくは少ない種類で生産しているメーカーを見定めることに使えます。

例えばCannondereのQuickシリーズです。

(CannondereにはBadboyシリーズもありますが、あれはまたイレギュラーなので…)

 

f:id:Hyper_Verza540:20210317233034p:plain
一見ロードバイク寄りなのか、MTB寄りなのか分かりません。

しかしハンドルバーの長さを見ると…

Cannondere Quick 4 640mm

かなり長いです。

MTB寄りなのは、チェーンステー長やタイヤなどを確認しても正しい認識なんだろうなと思います。

他にはGIOS MISTRALシリーズ。

GIOSはフラットバー採用車種にAMPIOやCANTAREもありますが、あれはフラットバーロードというクロスバイクとは別ジャンルなので置いといて…

f:id:Hyper_Verza540:20210403123825j:plain

これはロードバイクと共通の130mmエンド幅のなどの情報で、方向性が分かってしまうかもしれませんが…

GIOS MISTRAL 540mm

ハンドルバーの長さは短めでロードバイク寄りですね。

これもチェーンステー長やタイヤの細さからも正しい認識なんだと思います。

こんな感じで各社のクロスバイクの方向性を知ることができます。

たかがハンドルバー。されどハンドルバー。

新車購入の時などに参考にしてみてください。

このブログはamazonアソシエイトに参加しています。

Made in Japanのイチオシペダル、三ヶ島 CT-LITE IC-LITE

 にほんブログ村 自転車ブログへ 

自転車の快適性を決める超重要な部分は「体が自転車と触れる部分」です。

例えばサドル。走っててずっとお尻が痛いと乗る気が失せます。

その他グリップ。自分の手の大きさに合ってないと手首の疲れ方が顕著になります。

まぁ触れるという観点では外れるかもしれませんが、ハンドルバーの長さ、ステムの長さ、サドルの傾き加減や前後位置などもあります。

ただ結構見落としがちなパーツがあります。

「ペダル」です。

ペダルにも色々種類があります。

自転車乗りは確実に使ったことがあり、一番オーソドックスなフラットペダル。

ロードバイカーなどがペダリング効率を求めてシューズとペダルを脱着可能にするビンディングペダル

競輪などシューズとペダルが外れるとまずい競技などで使う、シューズとペダルを完全固定するトゥークリップペダル。

この中でクロスバイク乗りの8~9割が使うのがフラットペダルだと思います。

フラぺは日常使いで最強ですからね。

ビンディング使いはトレーニング頑張れ!

ということで今回はコスパに優れ、イチオシの使いやすさを持つおすすめフラットペダル、三ヶ島(MKS)のエントリーモデルのIC-LITE、CT-LITEを紹介します。

CT-LITE

f:id:Hyper_Verza540:20210402210705j:plain

https://www.mkspedal.com/?q=ja/product/node/83

定価2900円→Amazon価格1927円

公表343g→実測332g

CT-LITEは三ヶ島のエントリーユースのフラットペダルです。

これはフラットペダルとしても使える上に、トゥークリップを使うことでトゥークリップペダルとしても使えるようになります。

ちなみにショップ名は伏せますが、ショップの実売価格はこれ。

Amazonの価格どうなってるんよ…

f:id:Hyper_Verza540:20210320214749j:plain

CT-LITEは僕も愛用しているペダルです!

公表値よりちょっと軽いの嬉しい。

 

 

IC-LITE

f:id:Hyper_Verza540:20210402214224j:plain

https://www.mkspedal.com/?q=ja/product/node/84

定価3100円→Amazon価格1927円

公表365g

IC-LITEはCT-LITEからトゥークリップペダルの機能をなくした代わりに反射板(リフレクター)がついたモデルです。

これも使い心地良さそうですね~

こっちも実売価格はこれ。

ショップが普通です。Amazonが異常や…

おすすめポイント

剛性感

IC-LITE、CT-LITEはそれぞれペダル全体がアルミでできており、踏んでもぐにゃぐにゃ感が0!

エントリーグレードとは思えないくらいの剛性感で、ペダルから踏んだ力が逃げません。

f:id:Hyper_Verza540:20210402212604j:plain

元々僕も、プラスチック製のペダルを使っていました。

これを使っていたころは気づきませんでしたが、CT-LITEに変えてペダル剛性の大切さに気に入りました。

通常のプラスチック製ペダルは200g台に対して、アルミ製ペダルは300gを超えます。

f:id:Hyper_Verza540:20210402223133j:plainf:id:Hyper_Verza540:20210322002738j:plain

少し重要増はしてしまいます。

ただこの重量増を上回る満足感をこのペダルは与えてくれます!

三ヶ島が追求するボールベアリング性能

三ヶ島のペダルの回転機構には5種類もの機構が用意されています。

今回紹介したペダルにはエントリーグレードのカップ&コーン ボールベアリングが使われています。

ただエントリーグレードと侮るなかれ。

この三ヶ島が作るベアリングの性能はエントリーグレードですら高いです。

空転性能でペダルの回転性能の全容を語るのは、実際に乗った時の加重がかかった中での状況とは違うので一概には言えませんが、球当たり調整するだけで10秒くらい空転します。

逆に何故玉押し調整をしないと本来の性能が引き出せないのか。

ここにも三ヶ島のこだわりがあります…

HPから一部引用します。

 

スムーズに回転しつつ、ガタの無いように調整することが重要となります。
理想的な調整具合はガタがゼロで、球当たりが感じられない状態ではありますが、この状態ではペタル内でのベアリング球の位置にやや遊びがある為、偏磨耗が生じ易く、頻繁な調整を必要とします。

そこでMKSでは再調整までの期間の延長を図るべく、球がややきつめに当たる様に
調整した上で出荷しております。(この当たり具合を「予圧」といいます)
しばらくご使用いただき、初期の「馴染み」が出ればなめらかに回る様になります。

さらにMKSではどの製品もひとつひとつ人の手で最終調整を行い検品をしております。

引用元

https://www.mkspedal.com/?q=ja/product/node/310

わざわざ球当たりをあえてきつい状態で出荷しているんです。

僕は我慢できずに球当たりをジャストの状態にしてしまいましたが…

エントリーグレードでもベアリング性能に妥協なし。

すごい。三ヶ島。

滑りにくさと安全性の両立

よく滑りにくさを重視するMTB用のペダルにはスパイクピンがついてるペダルが多いです。

滑りにくさを求めるとスパイクピンがあったほうがいいのですが、靴裏がどんどんエグれます。

さらに恐ろしいのが、ペダルが「ふくらはぎ」や「すね」に思いっきり当たった時に、体がエグれる…

この事件はMTB乗りの方は一年に一回とかの頻度で起きてるのを見ます。

これまだ乗ってる人ならいいのですが、自転車を引いて歩いてるときに別の人に当たったら割と深刻な問題になってしまいます…

そこでこのCT-LITE、IC-LITEはピンが外側のアルミと同じ高さになっています!

これによって、雨の日でも踏み面から滑るリスクが減るうえに、体がエグれる心配が無くなります。

街乗りを意識したこだわりを感じますっ…

最後に

いかがだったでしょうか。

今回は三ヶ島のCT-LITE、IC-LITEの紹介でした。

三ヶ島のペダルはみんなMade in Japanです。このご時世で日本製のペダルを貫く姿勢に感服ですっ…

三ヶ島は他にも代表作「SYLVANシリーズ」や、輪行などに便利なペダル取り外し可能「Ezyシリーズ」もあります。

また、SPD-SLに対応したビンディングペダルもあります。

僕もSYLVANシリーズは一度使ってみたいなぁと感じます。

https://www.mkspedal.com/?q=ja/product/node/331

特に三ヶ島が次世代ハイエンドペダルと謳うSYLVAN TOURING NEXT…

トリプルシールドベアリングが引き出す回転性能は、生きてる間に体感してみたい…

是非気になった方は三ヶ島のホームページを見に行ってください。

www.mkspedal.com

ちなみに三ヶ島さんからの案件とかではありません。

本心です。

このブログはamazonアソシエイトに参加しています。

コストと性能の両取り。Vittoria RUBINO Pro GRAPHENE2.0レビュー

 にほんブログ村 自転車ブログへ

Vittoriaと聞くとみんな思い浮かべるのはCORSA。

f:id:Hyper_Verza540:20210328021327p:plain

特徴的見た目

あの特徴的なむき出しのコットンケーシングの印象が強いと思います。このタンカラーのコットンケーシングは、どの自転車にも溶け込むカラー。

また、Vittoriaは自転車タイヤで唯一「グラフェン」という、超薄いのに鋼鉄の200倍の硬さの素材をコンパウンドに入れた、聞くだけで凄さを感じるタイヤを作っています。

ただ、Vittoriaがコットンケーシングを使わず、グラフェンの技術を使ってハイグレードタイヤを作ったらどうなるのか…

f:id:Hyper_Verza540:20210331105921j:plain

それが今回紹介するVittoria RUBINO Pro GRAPHENE2.0です!

今回は僕のサブバイクのフラットバーロードにつけてインプレッションしていきたいと思います。

f:id:Hyper_Verza540:20210328023249j:plain

ちなみに今回比較対象にするのは、もともと使っていたVittoria CORSA 23c、そして僕のメインバイクのベルザスピードにつけたCONTINENTAL GP5000 28cです。

重量

ああっ、実測で測り忘れたぁっ…

公式では25cは250g28cでは270gとなっています。

まあまあ軽い部類。

f:id:Hyper_Verza540:20210331112401j:plain

今まで使っていたVittoria CORSA 23cは242gです。23cに勝てないのは当たり前ですね。

f:id:Hyper_Verza540:20210314222820j:plain

ではCORSA 28cではどうなのかというと、摩耗した状態で251gです。もとは260gくらいだと思います。

フラッグシップモデルと10gほどしか変わらないってすごいなぁ…

f:id:Hyper_Verza540:20210314222110j:plain

ちなみにCONTINENTAL GP5000 28cは実測で236gです。バケモン。なんでCORSAの23cより軽いのよ…

転がり抵抗

さすがに前につけていたのが23cのCORSAなだけあって加速が良くなった訳ではありませんが、28cタイヤでは加速感はかなりいい感じ。

巡航はかなり楽です。

これは多分転がり抵抗の少なさ。

タイヤからくる減速感を全然感じません。

乗ってて凄く楽しかったです。

グリップ

僕は侮っていました。

GP4000S2よりもグリップ感あると言われていたCORSAを使っていたので、28cといえどグリップ感は勝てないだろうなと。

f:id:Hyper_Verza540:20210331110656j:plain

グリップするんですねこれが!

CORSAはグリップしつつも、だんだんグリップが限界につれて下がる印象でした。タイヤのグリップの限界が分かりやすい。

しかしRUBINOはグリップの限界ぎりぎりまで粘ります!

この観点ではGP5000にも似ていますが、グリップの仕方?が違います。

RUBIINOは路面に食いつくという言葉がぴったりのグリップをします。

対してGP5000は路面に張り付く感覚です。極端に言うとタイヤに両面テープがついてる感じ。

なのでグリップの限界はGP5000に軍配が上がりますが、僕みたいな趣味乗りの人から、競技勢の人たちでも使えるタイヤなんじゃないかと思います。

耐摩耗

まだ長距離走らせてないので何とも言えませんが、コンパウンドはロングライフっぽさを感じます。それでもあのグリップ出るのかと思うとびっくり。

あとタイヤ自体すこし厚めですね。それでも28cで270gってこれまたビビる…

最後に

RUBINO PRO GRAPHENE2.0の良さ、伝わったでしょうか。

僕もこのタイヤは侮っていました。

しかし履いて分かりました。これはトレーニング用などとくくってはいけないタイヤだったんだって。

コスパを求める方に期待を上回った性能を提供してくれるRUBINO Pro GRAPHENE2.0いかがでしょうか。

このブログはamazonアソシエイトに参加しています。

Verza SpeedオーナーがFELT Verza speed 40 2021モデル独断と偏見で。

 にほんブログ村 自転車ブログへ

2021油圧ディスクブレーキクロスバイクを独断偏見第3弾です。

今回は僕も現在乗っている、FELT Verza Speed 40です。

今年からベルザスピードも遂に油圧化しました!

今までは機械式ディスクブレーキ…

一応FELTの上級グレードなんだから、そろそろ油圧化しようぜっ…って思ってた矢先に2021モデルが発表され、大興奮でした!

それではベルザスピードオーナーでもある僕の意見を入れつつ紹介していきます。

 FELT Verza Speed 40

f:id:Hyper_Verza540:20210325030115j:plain

https://www.riteway-jp.com/bicycle/felt/verza_speed/

見た目

正直ベルザスピードオーナーの自分でも、このかなりのスローピングしたフレームは好き嫌い別れるかなぁとは思います。

画像のフレームサイズは51なのでスローピングがかなり強いです。というかシートステイと角度同じってすげぇ。

僕のベルザスピードはフレームサイズ54なので、よく見かけるくらいのスローピングに留まってます。

f:id:Hyper_Verza540:20210319233125j:plain

僕はこの54サイズの弓なりのフレームのデザインをすごく気に入ってます!

僕の2019モデルと最新の2021モデルでフレームジオメトリが変わらないので、54サイズを買えばこの綺麗な弓なりのフレームが手に入ります!

あっ、ちなみにこのスローピングの強さはちゃんと理由があり、あえてシートポストを長くすることで振動吸収性を向上する狙いがあるようです。

折角ならこの技術+カーボンシートポストをつけた上位マシンを作って売ればええのに…SUPER快適号。割と僕も装着しているカーボンシートポストがしなってるんじゃないかって感じはあります。多分プラシーボ効果

あとFELTといえば「溶接」ですよ。

f:id:Hyper_Verza540:20210326212851j:plain

ビードの乗せ方が上手い…

f:id:Hyper_Verza540:20210326212924j:plain

他のメーカーだと、「この溶接微妙だなぁ」とかありますが、FELTはどの個体も綺麗なビードです。

剛性、快適性

剛性は同価格帯だと普通くらいです。

公式HPでは「シートステーのパイプ径を25%ダウンさせ、積極的にシートステーをしならせる技術を採用」といっています。これはFELT FRシリーズのロードバイクで得た技術を使っているようです。

乗り心地がいい理由の一つはこれですね。

ただこれだと剛性を犠牲にしているように見えます。

でも実は踏んで剛性ないなぁとは感じません。

これはフレームの場所によってアルミの厚みを変えて、軽さと剛性を稼いでいるのが一つの要因です。「Superlite buttedアルミニウム」というそうです。かっこいい。

f:id:Hyper_Verza540:20210326213003j:plain

あと、ダウンチューブとシートステーの間のBBが収まる部分の溶接部分で、剛性を稼いでいるのも要因だと思います。ダウンチューブの太さを上手く生かしています。

この部分は凄く剛性ありそう。

コンポーネント

f:id:Hyper_Verza540:20210326024012j:plain

https://bike.shimano.com/ja-JP/product/component/tourney/FD-TY710-TS3.html

 

フロントディレーラーはTouney3速、リヤディレーラーはAltus8速です。定番ですね。

f:id:Hyper_Verza540:20210326230034j:plain

シフターもAltus3×8。シマノのシフターは壊れないし、使いやすいってのがいいですよね。

f:id:Hyper_Verza540:20210326023819j:plain

クランクはSR Suntour製のものですね。僕もこのクランクがついてきましたが、変速性能は悪くはないですね。ちゃんと変速します。

チェーンはKMC製。僕はKMC推しなのでいいと思います。

BBは普通のスクエアテーパーですね。スクエアテーパーBBは相当いいものを買わない限り、大きな性能差はないです。

ホイール

これは前に実店舗で見た時気づきましたが、僕の2019モデルとの違いはステッカーの有無ですね。

DevoxというFELT系列のメーカーのホイールです。ちなみに重い…

推定ですが、計算したとき出てきた数字は2318g。重いなぁ…

まぁディスクブレーキ車ならホイールの選択肢が多いので、ここは屈せずに!

ブレーキ

ここはFELT頑張ってくれました!

f:id:Hyper_Verza540:20210326214557j:plainf:id:Hyper_Verza540:20210326214620j:plain

https://bike.shimano.com/ja-JP/product/component/acera-m390/BL-MT200.html

https://bike.shimano.com/ja-JP/product/component/altus-m370/BR-UR300.html

6万円台でシマノ製油圧ディスクブレーキです!

安心と信頼のシマノはいいぞぉ…

ブレーキパッドの交換も簡単なうえに、パッドはamazonだろうが街の自転車屋だろうがどこでも手に入るのがまた良い…

タイヤ

ここも進化しています!

僕の2019モデルはVittoriaの大物看板の癖に、片輪580gのワイヤービード激重タイヤ…

f:id:Hyper_Verza540:20210326215637j:plain

対して2021モデルには、価格帯が一気に上がるケブラービードの片輪420gの軽量タイヤ!

片輪だけで160gも変わるとなると、走行性能の差は桁違いです!

加速感が劇的に良くなります!

いいなぁ2021モデル…

重量

重量は11.9kg。Vブレーキモデルが11.5kgなので、重量増はかなり抑えられているんじゃないかなと思います。

ハンドル

これあまり注目されてませんが、Verza speed 40とVerza speed 50でフレームのみならず、ハンドルも差別化されています!

フレームと同じ、部分ごとにアルミの厚さを変える技術がVerza speed 40のハンドルにも使われています!

完成車で快適性を色んなパーツを使ってパッケージングしているのは改めてすごい。

サドル

サドルはセラロイヤルのゲル入りサドルです。

f:id:Hyper_Verza540:20210326224248j:plain

ゲル入りサドルでも比較的シュッとしたデザインでいいですね!

セラロイヤルのゲル入りサドルは蒸しパンみたいな柔らかさで快適性は抜群です。

最後に

Verza speed 40 2021モデルいかがだったでしょうか。

2019モデルでビッグマイナーチェンジに踏み切ったベルザスピードは、2021モデルで油圧化を果たし、どんどん熟成の域に達しつつあります。

日々の通学通勤で、どこか体が痛くなる…乗り心地の悪さに敬遠してしまう…

そんな悩みを解決しつつ、速さを犠牲にしない。

そこを突き詰めつつ、手ごろな価格帯で完成車を作り上げた完成度の高いクロスバイクだと思います。

Verza speed 40。いかがでしょうか。

このブログはamazonアソシエイトに参加しています。

シャープな見た目でもっちり触感のサドル Prolorogo Kappa evo pas

 にほんブログ村 自転車ブログへ

サドルがえぐれやがった…

f:id:Hyper_Verza540:20210323230749j:plain

僕が気に入って使っていたセラロイヤルのLOOK INのサドルに穴が開きました。

そこでProlorogo Kappa evo pasを購入しました!

f:id:Hyper_Verza540:20210323230817j:plain

そこで今回はこのサドルの購入までの経緯とインプレをしていきます。

目次

 

購入までの経緯

幸い穴からゲルがドバドバ出て尻がベットリ…という生きてて遭遇したくないシチュエーションは避けましたが、えぐれた部分は見栄えが良くない…

あとこの厚めのサドルはちょっとスタイリッシュさに欠ける…

f:id:Hyper_Verza540:20210321173753j:plain

先端も下にカバーがついているせいで余計に太くみえる…

のちのち下のカバーをプラ板で自作したことによってちょっとシャープな見た目になりました。

f:id:Hyper_Verza540:20210321175312j:plain

ただ、クッションの厚さは誤魔化せないっ…

でもスタイリッシュなサドルってクッション性が皆無…

とてもレーパンを履かない自分が跨げるモンじゃない。

尻の痛みをとるかクロスバイクの見た目をとるか…

ま、僕は両方取りに行くんですけどね。

 

ここで僕が検討していたサドルは三種類ありました。

検討していた三種のサドル

1、SELLE ROYAL R.e.med

f:id:Hyper_Verza540:20210321182326j:plain

   

僕が今まで使っていたセラロイヤルのサドルです。

これは僕が組んだ友達のロードバイクにつけて、実際に跨がせてもらいました。

かなり柔らかクッションです。

柔らかクッションの割に、見た目もそんなに悪くありません。

f:id:Hyper_Verza540:20210321183940j:plain

友達のロードバイク。かっこえぇ。

今使っているサドルと運命の出会いをしなかったらこれ買ってたかもしれません。

2.SELLE ROYAL R.e.med2

f:id:Hyper_Verza540:20210321184455j:plain

 R.e.medの後継種。

こいつはr.e.medより硬めのクッションです。

まぁ普通のロードバイクについてくるサドルよりは柔らかいですけどね。

これフィジークのアリアンテとかアリオネに似てるなぁって思ったら、セラロイヤルのレーシング部門がフィジークのようです。

ショップで手に取って触ったけどこれもレーパンなしで使えそう。

3.Prologo Kappa evo pas

f:id:Hyper_Verza540:20210320214328j:plain

今回僕が購入したのはこのサドルです。

横から見てもかなりクッション部分が薄いサドルです。

見た目はホントにかっこいい。ただ、これはショップで触ることなどはできず、ネットのレビューを頼りに買いました。

先人の方々…ありがとう…

この見た目でクッションが柔らかいんです。実際手元に届くまで半信半疑でした。

 

インプレッション

丁度僕のクロスバイクの紹介記事のために諏訪湖をまわったのでそのときの感想を紹介します。

1.座り心地

今までのセラロイヤルのサドルはゲルで沈み込むので、面で尻全体を支えているサドルでした。

しかしKappa evoは丁度座骨の部分だけを面で支えてくれます。

サドルとの接地面積が減るので痛くなると思いきやクッションの柔らかさ、更に座面がしなるので、快適そのものです。よき柔らかさ。

2.漕ぎやすい

ロードバイクの完成車についてくるサドルは100万だろうが10万だろうが硬いです。

よく硬い理由は柔らかいとパワーロスがぁ…とかペダリング効率がぁ…とかあります。

サドル変えるまでは全然気にしてませんでしたが、結構変わります。

ペダルを回しても座骨の位置が安定するので、ペダリングしやすいです。

更に上りなどの踏み込みの強いときに座骨が安定してペダリングする重要性がよく分かります。漕ぎやすい。

サドルがやけに硬い理由、やっと分かりました。

でもやっぱり完成車のサドル硬すぎって気持ちは変わらないなぁ~

3.穴あきサドルは男に味方

今までのセラロイヤルなサドルは穴あきタイプではありませんでした。まぁサドルがえぐれてある意味穴あきサドル。

この穴がないタイプは長時間乗ってると、痺れてくるんですよ。股が。

f:id:Hyper_Verza540:20210323231344j:plain

股にじわじわ攻撃を仕掛けるサドル

これいっくら柔らかいサドルでもなります。なんせ前使ってたセラロイヤルのサドルはゲル入りの蒸しパンサドルで痺れるんですから。

でも穴あきサドルは股を圧迫してこないっっ…

非常に助かる。

男だもの。

4.かっこいいいいいい

まぁ、これですよ。

シャープな見た目。

f:id:Hyper_Verza540:20210321211034j:plain

サイドビューもスタイリッシュ。

f:id:Hyper_Verza540:20210321211254j:plain

リヤビューもいい。

f:id:Hyper_Verza540:20210321211523j:plain

リヤライトは加工してつけました。

4.軽いっちゃ軽い

f:id:Hyper_Verza540:20210320213422j:plain

316gです。これ普通のサドルでこの重量だと普通の重さですが、柔らかサドルでこの重量は優秀です。

セラロイヤルのR.e.med、R.e.med2は330g、なので気持ーち軽いですね。

最後に

このサドルは見た目をこだわる人、尻の痛みに悩む人、サドル沼にハマって色々なサドルを試したい人におすすめです。

もし知人がこのサドル使ってるとかあったら是非またがらせてもらいましょう。

きっと気に入るんじゃないかなと思います。

このブログはamazonアソシエイトに参加しています。

ぶっちゃけ軽量化にいくらかけたのよ…

にほんブログ村 自転車ブログへ

軽量化。

これは動くものは種類を問わず大きな課題。

僕のクロスバイクも色々と軽量化のためのパーツを使ってます。

f:id:Hyper_Verza540:20210305235345p:plain

純正で11.7kg+スタンド300g 合計12kgの巨体でした。

f:id:Hyper_Verza540:20210319233125j:plain

そこから現状スタンド込みで9.4kgまで減らしました。

2.6kgダイエット成功ですね!

そこで今回は実際に交換する前のパーツの重さ、交換した後のパーツの重さ、そしてそのパーツをいくらかけたのかをぶっちゃけていこうと思います。

あ、こまごまとしたパーツは飛ばします。

フォーク

f:id:Hyper_Verza540:20210320001748j:plainf:id:Hyper_Verza540:20210320002524j:plain

変更前アルミフォーク 892g

変更後カーボンフォーク 446g

-446gに成功

これ今気づいたんですけど、ちょうど二分の一の重量なんですね。

カーボンフォークすげぇ。

まぁ条件を合わせるとプレッシャーアンカーの重量足さないといけないんですけどね。

+38gなので-408gです。

カーボンフォークはヤフオクで13000円で落札、プレッシャーアンカーは1280円でした。

駆動系

クランク+ペダル
f:id:Hyper_Verza540:20210322001441j:plainf:id:Hyper_Verza540:20210322001514j:plain

f:id:Hyper_Verza540:20210320193505j:plainf:id:Hyper_Verza540:20210322002738j:plain

 

変更前SUN TOURクランク+ペダル 1079g+228g 1307g

変更後 Shimano FC-6800 52-36T+MKS CT-LITE 689g+332g 1021g

-286gに成功

6800クランクの重量測り忘れた…ってことでシマノHPに載ってたものをかいておきます。

ペダルはプラ製からオールアルミ製に変わったので100gくらい重くなりました。

6800クランクは中古で10000円、ペダルも中古で1600円です。

フロントディレーラー+リヤディレーラー

f:id:Hyper_Verza540:20210322005857j:plainf:id:Hyper_Verza540:20210322010050j:plain

f:id:Hyper_Verza540:20210322010317j:plainf:id:Hyper_Verza540:20210322010400j:plain

変更前 ALTUS FD+ACERA RD 183g+305g 488g

変更後 FD-6800+RD-6800 104g+198g 302g

-186gに成功

さすがアルテグラ軽い。大して形が変わらないパーツでもしっかり軽量に作ってるのがすげぇ。

6800 FDはヤフオクで1200円(激安)、6800 RDは中古で3800円で買いました。

ボトムブラケット

f:id:Hyper_Verza540:20210322011328j:plainf:id:Hyper_Verza540:20210322011529j:plain

https://bike.shimano.com/ja-JP/product/component/105-5800/SM-BBR60.html

変更前 RPM スクエアテーパーBB 344g

変更後 Shimano SM-BBR60 77g

-267gに成功

シマノのホローテックはここが強みなんですよねぇ~

BBだけで200強g軽くなるってシマノの技術ホントすごい。

BBR60は新古品を1000円で譲ってもらいました。

ホイール

f:id:Hyper_Verza540:20210322013656j:plainf:id:Hyper_Verza540:20210322013543j:plain

変更前 鉄下駄 1143g+1650g ここからディスクローター分220g、スプロケット分255g引いて 2318g

変更後 Fulculum Racing 5 DB 1715g

-603gに成功

うわ鉄下駄ヤバいな…ここまで重かったとは…

ホイール変わって僕のクロスバイクが激変したのはこれが理由ですね。

鉄下駄とはいっても別格の鉄下駄でした。

ちなみにこのホイールはWiggleの正月セール+初購入クーポンで新品なのに16000円で購入。これ絶対赤字だろ…

タイヤ

f:id:Hyper_Verza540:20210322020055j:plainf:id:Hyper_Verza540:20210322020242j:plain

変更前 Vittoria RUNDONNEUR 32c 580g×2 1160g

変更後 CONTINENTAL GP5000 28c 240g×2 480g

-680gに成功

Vittoriaは値段が上がると二次曲線的に性能もよくなる印象あるんだよなぁ…

いくらワイヤービードでもこの重さは珍しいんじゃないでしょうか…

しかも重いくせに2か月でサイドカット。ご臨終。

それに比べてGP5000の凄さよ…

GP5000は低走行のものを5800円で購入しました。ラッキー。

ハンドル

f:id:Hyper_Verza540:20210322021555j:plainf:id:Hyper_Verza540:20210322021745j:plain

変更前 純正アルミ 188g

変更後 PROCRAFT カーボンハンドル 133g

-55gに成功

費用対効果薄いシリーズ入りました。

カーボンパーツっていかにも軽量化ってイメージあるのにね。

カーボンハンドルは中古で3500円で購入。

シートポスト

f:id:Hyper_Verza540:20210322022652j:plainf:id:Hyper_Verza540:20210322023027j:plain

変更前 純正アルミ 306g 

変更後 PROCRAFT カーボン 177g

-129gに成功

費用対効果薄いシリーズその2。

このシートポストは完全に見た目で購入。超かっこいい。

シートポストは中古で3500円で購入。

ステム

f:id:Hyper_Verza540:20210322024510j:plainf:id:Hyper_Verza540:20210320205101j:plain

変更前 純正ステム 90mm 137g

変更後 TNI Helium17 110mm 105g

-32gに成功 

これは軽量化ってよりもポジション変更のためですね。

ついでに軽量化もできてお得なステム。おすすめ。

中古で2500円で購入。

サドル

f:id:Hyper_Verza540:20210320213727j:plainf:id:Hyper_Verza540:20210320213422j:plain

変更前 SELLE ROYAL LOOK IN 402g

変更後 Prologo Kappa evo pas 316g

-86gに成功

ゲル入りサドルの割にセラロイヤルのサドル軽いですね。測る前はてっきり500gオーバーだと思っていました。

Kappa evoは中古で2800円で購入。傷なしでこの値段はお得。

結果

把握できた軽量化

全て合わせると2770g

おっ、ほぼ合ってるじゃないですか。

まぁホントはブレーキの油圧化で重量増してたりするはずなのですが、他の把握していない軽量化で相殺されたのでしょうね。

 

軽量化により飛んでったお金

総額64700円

ちなみにフォークつけるためにヘッドも購入したり、なんだかんだでもっとかかっているの考えたくないです…

Verzaspeedもう一台買えるお金で軽量化したのがこの僕です。

ま、まぁこの業界自己満が全てですから。はい。

いまのクロスバイクに大満足しているのでオッケーです。

このブログはamazonアソシエイトに参加しています。